前に進もう。 流れ星が消えないうちに/橋本紡

大切な人が突然いなくなったら、あなたはどうしますか?

 

コロナコロナと騒いでいる毎日で

重篤な病気にかかるかも?と不安な方も多いでしょう。

でも実は、コロナなんてなくても

毎日大好きな人が生きてくれているってすごいことですよね。

 

今日紹介するのは、大好きな人を亡くしてしまった人のおはなし。

流れ星が消えないうちに/橋本紡

タイトルと表紙に惹かれて買って、橋本紡さん作品初挑戦となりました。

代表作は「半分の月がのぼる空」。こちらはアニメにも映画にもなっているそうですね!

知らなかったのでチェックしてみないとな。

原作も読んでみたいです。

残念ながら橋本さんはすでに作家活動を引退されているようです。

新しい著作は出ていないのが少し残念ですが、引退しても何年たってもたくさんの人に本を読んでもらえるって、すごいことだな~と思いました。

本ってすごいな、やっぱり。

 

さて、それでは本日のお話に参りましょう。

あらすじ

奈緒子は、突然最愛の人、加地君を事故で亡くしてしまう。

その影響なのかわからないけれど、玄関でしか眠れなくなってしまった奈緒子。

事故から1年半たった今でも、眠りにつく前は加地君におやすみといいながら寝ているのだった。

加地君のことが忘れられなくて、加地君の親友であり、今は奈緒子の恋人である巧とも大きな進展のないまま、

宙ぶらりんで過ごす毎日を送っていた。

 

しかし、そこに奈緒子の父が田舎から家出してきたことをきっかけに、2人の時間が動き始める。

名言

「世の中には動かなきゃ見えてこないものがあるんだよ。

 俺はそういうのをずっと避けてきたんだ。

 でも、これからはできるだけ動こうと思ってる。

 たとえ状況自体は変わらなくても、見る目が……いや俺たち自身が変わるはずなんだ」

 
 

「人はいつまでも同じ場所にはいられないんだよ」

感想

ありがたいことに、27歳のになってもわたしの親戚はみんな元気で、なんとか大事な人を亡くさずに済んでいる。

去年祖母が病気したときには、どきどきどきどきして、動悸で眠れない日が続いた。

もし誰かを亡くしてしまったときには、わたしは前にすすめるだろうか?

作中で、奈緒子が忘れなくてもいいんだ、といっていたのが心に響いた。

無理して忘れようとするんじゃなくて、共に生きていく。

亡くした事実と一緒に。

いつかのために、この本に出会えてよかった。

 

そしてもうひとつ。

ブログを書くにあたって再読したら、この本は夢を追う人へのエールを込めた本であることにも気づきました。

 
 

立ち止まってたら同じ景色しかみえないよ、進まなくっちゃ。

大丈夫だよ、ちょっとずつ行こう。

 

 

そんなふうに自分を優しく連れ出してくれるようなお話でした。

本を読んでると、今この本に出会えたのって運命なんじゃない??

って思うような内容が書いてあることがありますよね…

再読して、このエールに気づけたことも運命な気がしています。

 

ありがとう。そして頑張ろう、と思ったななおなのでした。