知らなかったことを恥じた。おいで、一緒に行こう/森絵都

森絵都さんの「おいで、一緒に行こう」。

2011年の東日本大震災のあとの福島で行われた、ペットレスキューのお話。

森さんらしい書き口で、葛藤の部分もさらけ出して綴られています。
この勇気に感謝です。

当時わたしは高校2年生で、西日本に住んでいるので大きな被害はありませんでした。

滅多に出さない熱を出して、保健室で寝てたのです。ベッドのカーテンのすきまから、先生たちがこそこそと何か話していて、「地震」というワードが細々と聞こえていたのを覚えています。

その後迎えに来た母に連れられ、病院で地震の映像を見ました。熱でうかされていたこともあるけれど、どこか他人事で、異国のニュースのように感じていました。

東京にいる兄も無事であり、もはやわたしにとっては終わったことのようになっていました。むしろ悲しくなるからできるだけ目を背けていました。無力以前の問題だった。

ペットを飼ったことのないわたしにとっては、こんなふうに熱く活動される方がいることすらも初耳で、保護猫、保護犬活動の話ですら森さんの「君と一緒に生きよう」で初めて知りました。

ずいぶんと狭い世界で生きていたなと反省しました。

2021年になる今年は、震災から10年が経過しました。

いまだに避難生活を続けている人がいることを知りながらも、わたしはこれまで、震災をどこか異国の出来事のように感じていました。

被災地のひとたちにとって、震災が「終わったこと」になることなんて、きっとないのかもしれない、と気付かされた本でした。

今ようやくそのことに気づけたわたしにできるのは、多くの人にこの想いを届けること、この本を読んで欲しい!と伝えることかなと思いました。

ぜひ、手に取ってみて欲しいです。