ウアモウのこと

今日は、ウアモウについてお話します。

わたしのPOPといつも一緒に撮影している、ウアモウ。

ウアモウを好きになったのは、東京の大学に通う兄が教えてくれたことがきっかけでした。ソフビ集めが趣味の兄から、かわいいのがあるよって教えてもらってからは、収集癖のあるわたしはドはまりしてしまいました。

なんともいえない表情のウアモウ。その曲線美というか、キャラ感といいますか。フォルムのかわいさに惹かれ、そしてそのカラーリングやテーマごとに姿をかえるのがかわいくて、のめりこんでいます。

東京の御徒町の駅の高架下、「ものづくりの街」”2k540″の一角にある、ウアモウショップ。

そこでかわいいウアモウとなかまたちに会うことができます。

わたしにとってウアモウを集めることはご褒美で、何か月かに1回、ウアモウをネットショップで注文しています。

一度だけウアモウショップに実際に行きましたが、瀬戸内海に面する町に住むわたしはなかなか東京まで頻繁に行けず、ネットで我慢しています。でもまたいつか行ってみたいな。

これから先も、わたしのごほうびでありつづけるウアモウ。みなさんの家にも連れて帰ってみては?